HEAVEN  AND  HELL THE  WORLD.

俺は誰より強くなればいい?  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--(--)--時--分 |スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

翔君

俺は、小さい時からの友達がいるんだ

離み離れず一緒に生きてきた

そいつは人じゃなく犬だったけど命を持ってる

そいつの名前は翔で気さくなやつだった

そして、世界で一番嫌いなやつです

なんてな、んなことはとうの昔のことなんです

2009年2月3日に翔君は消えてっちゃったんだ

俺には、見えないところで触れないところ

でも、どこ行ったかは俺知ってるの

俺もいずれ行くのかなぁ

でも、翔君を殺したのは俺かもなぁ

もう翔に聞けないけど、空を見ながら問うんだ

そこにいることを信じてさ

ほんとさ、いやになっちゃうよ

気付いたらもういないんだもん

もう一度笑っておくれよ

俺のために、誰かのために、その他もろもろのために

翔君は犯罪者のために笑ってくれるの?

「翔君は残念だけどもう死にました」だってさ

俺は、その時に犯罪者になっちまったんだよ

俺が死に追いやったんだって思ってるよ

獣医は「この年頃になると死んじゃう犬が多いんですよ」と

んなわけねーだろ?医者なら言いたいこと言えよ

お前が死に追いやったってな

変な飼い主に育てられて大変だったねって

俺に情けなんかかけずに言いたいこと言えよ

もし、もしも、俺が殺したんじゃなければ誰が殺したの?



翔君が逝った時俺は小屋の前で泣いたんだ

その翌日クラスの奴は俺のことを思ったのか話をしてこなかった

「もう噂で広まってんか?」

「ずいぶんと便利な情報網だね」

「こいつもしってるの?」

「今日から俺も一人ぼっちか」

「いや、翔君が一人ぼっちなのか?」

そして、クラスの奴の一人からヒマワリの造花を渡された

その時まで、花なんざ興味はなかった

でも、その時のヒマワリはやけに綺麗だったんだ



天使は花をばらまく為にこの世に降りるの?

魂を天国へ運ぶためにこの世に降りるの?

それとも、苦しみを与えるためにこの世に降りるの?

だったら、俺は白旗を掲げて降参するよ

早く連れてってよ、天国に

死なないといけないなら

誰かさんよ、俺と魂を交換しよう

今現在死を先延ばしにしたい者

俺の魂の分まで生きたい者

最後の審判が怖い者

ただ今から募集しちゃいます

なんと今ならたったの23、2円で魂を売ってあげましょう

分かりにくいって?仕方ないでしょ、魂なんだから

これで、あなたの不老不死が叶ちゃいます

これをキャッチ文句にすれば売れちゃうかな?

これをご覧のみなさん、あなたにだけ特別に今聞いちゃいます!!

お買い上げしますか?

そういや、俺が小2の時に初めて人の命が消えることを知った

その時俺は最後の審判に近づいてく人を見て

俺が代わりに死んであげたいと言ったっけね

小2で命を重さを知るのは速すぎじゃないっすかね

でも、面白いよね、時間がたつにつれて忘れちゃうんだよね

そして、気づいたら魂を売るどころか殺人犯罪者になっちまったんだよ

俺は、翔君が生きてる時は友達に翔君が死んでも絶対に悲しまないし

嬉しいぐらいだと言いふらしてたけど知るのは俺の手から離れたときに分かるんだね

翔君、あなたの価値を知ったのはいなくなってから

俺は、あなたが生きてるのが普通だと思ってた

でも、最後の審判は予告なしでいきなり来た

血とゲロを吐きだしながら小屋の前で死んでいった

俺はその日もムシャクシャしてた

翔君には、目に見えない不安と怒りを全てぶつけたよ

俺が家に帰る10分前はまだ翔君は生きてたんだってさ

友達が翔君が生きてるのを見たんだって

最後に生きてる翔君を一目見たかったな

俺が家に帰った時二人組のばあちゃんが心配そうに翔君を見てた

俺は、どうかしたかと思って見に行ったんだよ

ばあちゃんは買い物袋を持ったまま話してた

「死んじゃたんじゃないの?」

俺を見つけると「ちょっと翔君が変よ」だって

どう見たって「ちょっと」じゃないでしょ?

翔は今、自分の生死のはざま歩いてるよ



翔君が逝った時俺は小屋の前で泣いたんだ

その日の夜は雨が降りそうな空で十人十色に星々は輝いた

「気味の悪い夜だね、翔君」

「星が降っちゃいそうだ」

「とうとう頭がイカれちまったか」

「もう、俺の生涯終わったな」

「いや、翔君の生涯が終わったのか?」

親に電話すると心肺蘇生法をしろってさ

俺は、知ってたさ、もう無理だろうなって

俺は、心肺蘇生法を止めた、運命に逆らいたくなかったから

もし、また生き返ったら俺がまた同じ罪を犯してしまう

だから、俺の為を思ってこの世から旅だったんだろ?

命の重さを知らせるため、いつかはいなくなるという事を分からせるため

生きてる意味を分からせてくれてありがとう

俺は、翔の命日2月3日を忘れないよ、あと一つ言うとだね

2月3日の逆の3月2日は俺の誕生日なんだよ

これは、ある意味奇跡なのかな?いや、奇跡だと信じよう





スポンサーサイト
06/19(日)21時49分 |コメント(2)トラックバック (0)
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。