HEAVEN  AND  HELL THE  WORLD.

俺は誰より強くなればいい?  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--(--)--時--分 |スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

優雅君・愛翔君の紹介

んじゃあ

優雅君の紹介いきます。


18歳なんら変わんない学生

しかし、勉強が苦手で

兄の愛翔と

全然違って線対称

少し照れ屋で、

大の負けずキライ

小さいころから

親に、平和に生きてけ

と言われ続けたため

戦争は、そんなに好きではなく

早く終われと願い続けていたが、

兄が人質となったため、

密かに連れ戻そうと

企んでいる。。。











次、兄・愛翔君書きます。


18歳から地球防衛軍に

所属しており、

最初は、487班に

兵隊として

入っていたが、

21歳で、副班長に任命

26歳で機長にまでなった。

弟の優雅と10歳離れているため

ものすごい溺愛をしている

そして、だれよりも

平和を願い続けている。

そして誰からにでも

愛される性格をしており

人に迷惑をかけることが

大っ嫌い!











ってなことでいいんかな?


ってか、なんかけっこう物語

続けちゃいそうな勢いで書いてるけど


いいのか?



てか、みんな続けて書いてほしい?

物語書くの素人の俺が・・

あの~


ど素人が、なれなれしく物語書いてすいません。。。


でもそこらへんはカンベイをしてください。。。



書け!って言われたことなんで


しかも結構頑張った方だと思うので、

どうか、おかしな所は目つぶって

見逃してください!!


コメントはください!!


迷惑コメントはいりません!!




ではではwww



またお会いしましょうww

スポンサーサイト
11/17(水)17時36分 |自分の思うことコメント(1)トラックバック (0)

書くかぁ・・・・

もうね


つかれた・・・

なぜかって

あのね

さっきまで


違う記事を


めっちゃ書いてたのww

なにかって

その記事の内容は教えないけど…



あ~そうだ


ダチに


なんか自分で物語かけって言われたから

ここで書く

見た人コメントよろしくね

行きまーす!!

ではでは、戦争ものを書くから


~第1話~


第1次宇宙大戦中


ー地球連合軍とパリチナ王国軍での戦いー  舞台は・・・スラクナ星雲


我ら人類の生き残りをかけた

戦争が今、始まる



俺の兄は、

地球連合軍第824班副班長

として働いている

優雅(ゆうが)は、愛翔(まなと)を心から尊敬している


学校行っても、優雅をバカにするやつなんかいない

なぜなら、地球の人口は今120億人いる

その中で、3千弱の隊が編成されている。

その中で、班長・副班長をやってる人なんて 

そうそうない。


もちろん、この小さい国日本から

副班長が出ること自体が異例で

優雅は子供のころから

愛翔を慕っていた

しかも異例の速さでの機長任命!

愛翔は28歳で、優雅は18歳

俺も、政府からの

召集命令が来た

しかし、その2週間後事件が起こった


その内容は、こうだった













第822班~第825班

が、パリチナ王国軍に

人質となった

パリチナ王国軍は

返してほしければ

地球を我らパリチナ王国に

譲るとし、

それを行わなければ、

人質は、1日に5人ずつ

あの世に行ってもらう。





とあるため我ら、地球軍

は、これらの条件を認めず

彼らには亡くなってもらうことにする。

母国のために亡くなってもらうことを

我ら、政府は心から感謝する

冥福を祈る。













このことは、ニュースでも大々的

取り上げられ、

すぐに有名となった

そして、愛翔機長の呼び名も変わって


ニュースでは、

(母国のために、命を捨てる

誇り高き愛翔機長)

と言われ

学校でも、誇り高き愛翔

と呼ばれるようになっていった。


でも、優雅はあきらめてなかった

いつかまた愛翔兄ちゃんの

笑顔見て、そしていっしょまた

暮らすんだ

そう願いつづけていた

そして、召集日当日を迎えた・・・


~第1話終~






続き見たかったら

コメントで書いてって

いって

そしたらまた暇のときに


うPします




じゃあまた・・

11/16(火)20時06分 |自分の思うことコメント(3)トラックバック (0)
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。